NEWS

まるの会年会費改定のお知らせ

2015 年4 月より「〇の会」年会費を新規入会者に限り「新価格」にてご案内しておりましたが、この度、更なるサービス向上のため、2017 年4 月より既存会員様(2015 年3月以前のご入会者)の年会費につきましても「新価格」へ改定させていただきます。「新価格」につきましては別紙(会員区分に応じた新旧価格のご案内)をご参照ください。

くつサポ

まるの会は途上国支援プロジェクトを応援致します。<くつサポとは?>皆様からいらなくなったくつをお預かりして、途上国の孤児院や学校へお送りさせて頂きます。途上国の水事情を知り、安心して使える水を途上国の方々に提供したいという想いから、ろ過フィルター・工業資材繊維の専門メーカー様の主催で始まったプロジェクトです。水の提供にはいくつもの壁と莫大な時間がかかってしまうため、この想いと活動を継続していくためにまずはできることやろうとスタートしました。現地視察では、学校に通う子供達の足もとが裸足でホコリだらけでした。この子供達の第二の心臓とも言われる足を護ってあげたいという想いに我々も賛同し応援致します。まるの会会員様にもご協力頂ければ幸いです。詳細はまるの会へご連絡下さい。(TEL:03-5908-9000)

ブログ

住宅・不動産資産の考え方(海外との比較)

実践ライフデザイン入門講座では、資産と負債の考え方について、考察します。 日経ビジネスに表題の記事が掲載されていたのでシェアします。 http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/021800009/021...

Walton社代表ビル氏のカンファレンスでの発表

先週1月16日に、香港のJWマリオットのカンファレンスルームにて、ウォルトンのビジネスパートナー向けのカンファレンスが開催されました。 約300人を集め、明らかに最近増えているであろう中国本土・台湾から...

ガイアの夜明けにマネーフォワードが出ます

今年のまるの会の企画でマネーフォワードの辻社長とコラボセミナーを5月から東京、大阪、福岡で行います。金融業界は大きな変革期に入っています。当然私たちの銀行、会計事務所との付き合いもかわります。その中...

仮想通貨の確定申告について

明けましておめでとうございます。 本年も何卒よろしくお願い申し上げますm(__)m まるの会では、昨年1月より仮想通貨の勉強会を全国各地にて開催して参りました。 世界各国で先進技術として開発に力が注...

メルボルンのキャップリング不動産視察の報告

皆さん、こんにちは。11月10日から15日の4泊6日間でオーストリア メルボルンのキャップリング不動産視察に行ってきました。メルボルンは住みたい街6年連続世界一になった街です。オーストリアは年間11万人増え、G...

セミナー・イベント・交流会

「○の会」からの直接の情報提供と地域会員様と交流と親睦を深めたく、「フォローアップワイン会」を仙台にて開催致します!

第一部のセミナーでは、皆様が投資している海外案件の進捗について報告と、新しい案件をご案内致します。また、世界情勢から日本経済を考察し、改めてライフプランの見直しをしていきます。

第二部の懇親会では、宮城県が誇る国産銘柄三元豚「和豚もちぶた」と、美味しいワインを堪能します。

美味しい食事に舌鼓を打ちながら、多業種での情報交換や会員交流の機会を楽しみましょう!

日程ご調整の上、是非にご参加下さい!

2017年はBitcoin等で話題の仮想通貨は「仮想通貨元年」と言われています。仮想通貨のシステムはブロックチェーン(分散型台帳)技術で作られ、この技術が中央集権型の管理である政府や銀行等の金融機関が介在しなくても正しく送金等の取引が行われることができます。そして、取引が正しく行われているかをチェックしていることをマイニング(採掘)と言います。マイニングは専用のコンピューター(マシーン)で行われ、マイニングを行った民間(政府、金融機関以外)の企業、個人に報酬としてBitcoin等が支払われます。報酬を獲得するためにマイニング事業にロシアを始め国として参画、日本企業も参入してきています。Bitcoin等の仮想通貨の価格が上がり、取引が多くなればマイニングが盛んになります。2018年は「マイニングビジネス元年」になると予想されます。つきましては、仮想通貨の勉強をしながら、Bitcoin イーサリアム、c0ban等をマイニングするためのマシーンに投資し、マイニングの報酬を獲得する説明会を開催します。

★会場・時間が変更になりました。

16:00~18:00

TKPガーデンシティ札幌駅前

↓↓↓

17:00~19:00

TKP札幌駅前カンファレンスセンターカンファレンスルーム2A

2017年はBitcoin等で話題の仮想通貨は「仮想通貨元年」と言われています。

仮想通貨のシステムはブロックチェーン(分散型台帳)技術で作られ、この技術が中央集権型の管理である政府や銀行等の金融機関が介在しなくても正しく送金等の取引が行われることができます。そして、取引が正しく行わされているかをチェックしていることをマイニング(採掘)と言います。

第一部では、仮想通貨の勉強をしながら、Bitcoin 、イーサリアム、c0ban等をマイニングするためのサーバーに投資し、マイニングの報酬を獲得する勉強会を開催します。一方で、コインチェックのNEM流出騒動を受け、仮想通貨の先行きも不安が残ります。

第二部では、仮想通貨をどのような位置づけで投資していくのか。また、資産保全、資産形成を考えていくための背景と手法をお話します。

「○の会フォーラム2018年」は5月東京、6月大阪、7月福岡で開催します。

基調講演にマネーフォワ―ド・辻庸介社長をお招きし「中小企業のトップなら知っておくべきテクノロジー革命」で講演をいただきます。

時代はAI、フィンテック、ブロックチェーンなどのテクノロジーにより、経営環境は想像以上のスピードで変化し大転換期に入ります。

この大転換期では、中小企業が生き残る条件「変化対応業」として、ビジネスモデル改革が強く求められます。

また、様々なテクノロジーを導入して社内改革を断行し、無駄なものを省き、効率化とスピード経営が求められます。

 

第一部基調講演では、辻庸介社長から、中小企業のテクノロジーの捉え方や活かし方など中小企業が生き残るための経営者自身が知っておくべきテクノロジー革命をお話し頂きます。

 

第二部では、大転換期において、ビジネスモデルが短くなり長期的な継続経営の約束がなくなる中、人生100年時代がそこまで来ています。当然日本の国家財政は借金まみれ、社会保障は確実に縮小していきます。そこで、「中小企業経営者の勇退後の資金を考える」と題して、勇退後の20、30年間の経済的基盤の準備について具体的にお話しします。

 

2045年には日本の平均寿命は100歳になると予想されています。人生100年の時代を迎え、「将来の経済的基盤をどのように築くか。」財政難と少子高齢化により、将来の社会保障が崩壊しかけている現在、日本人にとって無視できない課題となっています。「長生きは自己責任の時代」の到来です。本講座では、人生を6分野「経済面」を中心とした「教養面」、「健康面」、「社会生活面」、「精神面」、そして「家庭生活面」から考察していきます。特に、経済面のライフプランを考えるためのヒントとして国内外の三分法のよる資産保全・運用の仕方をご紹介します。

「○の会フォーラム2018年」は5月東京、6月大阪、7月福岡で開催します。

基調講演にマネーフォワ―ド・辻庸介社長をお招きし「中小企業のトップなら知っておくべきテクノロジー革命」で講演をいただきます。

時代はAI、フィンテック、ブロックチェーンなどのテクノロジーにより、経営環境は想像以上のスピードで変化し大転換期に入ります。

この大転換期では、中小企業が生き残る条件「変化対応業」として、ビジネスモデル改革が強く求められます。

また、様々なテクノロジーを導入して社内改革を断行し、無駄なものを省き、効率化とスピード経営が求められます。

 

第一部基調講演では、辻庸介社長から、中小企業のテクノロジーの捉え方や活かし方など中小企業が生き残るための経営者自身が知っておくべきテクノロジー革命をお話し頂きます。

 

第二部では、大転換期において、ビジネスモデルが短くなり長期的な継続経営の約束がなくなる中、人生100年時代がそこまで来ています。当然日本の国家財政は借金まみれ、社会保障は確実に縮小していきます。そこで、「中小企業経営者の勇退後の資金を考える」と題して、勇退後の20、30年間の経済的基盤の準備について具体的にお話しします。

 

2045年には日本の平均寿命は100歳になると予想されています。人生100年の時代を迎え、「将来の経済的基盤をどのように築くか。」財政難と少子高齢化により、将来の社会保障が崩壊しかけている現在、日本人にとって無視できない課題となっています。「長生きは自己責任の時代」の到来です。本講座では、人生を6分野「経済面」を中心とした「教養面」、「健康面」、「社会生活面」、「精神面」、そして「家庭生活面」から考察していきます。特に、経済面のライフプランを考えるためのヒントとして国内外の三分法のよる資産保全・運用の仕方をご紹介します。

2045年には日本の平均寿命は100歳になると予想されています。人生100年の時代を迎え、「将来の経済的基盤をどのように築くか。」財政難と少子高齢化により、将来の社会保障が崩壊しかけている現在、日本人にとって無視できない課題となっています。「長生きは自己責任の時代」の到来です。本講座では、人生を6分野「経済面」を中心とした「教養面」、「健康面」、「社会生活面」、「精神面」、そして「家庭生活面」から考察していきます。特に、経済面のライフプランを考えるためのヒントとして国内外の三分法のよる資産保全・運用の仕方をご紹介します。

「○の会フォーラム2018年」は5月東京、6月大阪、7月福岡で開催します。

基調講演にマネーフォワ―ド・辻庸介社長をお招きし「中小企業のトップなら知っておくべきテクノロジー革命」で講演をいただきます。

時代はAI、フィンテック、ブロックチェーンなどのテクノロジーにより、経営環境は想像以上のスピードで変化し大転換期に入ります。

この大転換期では、中小企業が生き残る条件「変化対応業」として、ビジネスモデル改革が強く求められます。

また、様々なテクノロジーを導入して社内改革を断行し、無駄なものを省き、効率化とスピード経営が求められます。

 

第一部基調講演では、辻庸介社長から、中小企業のテクノロジーの捉え方や活かし方など中小企業が生き残るための経営者自身が知っておくべきテクノロジー革命をお話し頂きます。

 

第二部では、大転換期において、ビジネスモデルが短くなり長期的な継続経営の約束がなくなる中、人生100年時代がそこまで来ています。当然日本の国家財政は借金まみれ、社会保障は確実に縮小していきます。そこで、「中小企業経営者の勇退後の資金を考える」と題して、勇退後の20、30年間の経済的基盤の準備について具体的にお話しします。

 

  • メールでお問い合わせはこちら


PAGETOP

Copyright © marunokai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.