4/17 TUE 【ユニバーサル・オーランド・リゾート】

世界有数のテーマパークで知られるユニバーサルリゾートは、主に3つの遊園地(2つのテーマパークと、1つのウォーターパーク)で構成されています。今回は、人気映画を舞台にしたアトラクションを提供する”Universal Studio”と”Island of Adventure”を訪問しました。

この2つの遊園地は、”Universal City”というお土産屋さんやレストランなどがあるリゾート内のダウンタウンを挟んで繋がっており、チケットPASSで自由に行き来できるようになっています。園内では、$15で専用のカップを購入すると、100種類以上のソフトドリンクが飲み放題となっており、お土産も兼ねてカップを購入しました。

<本場ユニバーサル・リゾートの入り口>

日本でもお馴染みの”Universal Studio”のアトラクションから巡回。普通のPASSでは40分並ぶところを、Express PASSを利用し、それぞれ10分弱で乗ることができました。$100(約1万円相当)追加するとこの権利を利用することができます。お金で時間を買える仕組みに、アメリカらしさが感じられました。日本の同テーマパークほどの人口密度はなく、とはいえ流行っている遊園地らしい程よい賑わいでした。

“Island of Adventure”へは、ハリーポッターの街並みを再現した区画から、列車で移動。列車は映画のストーリーに沿って、9 1/2番ホームからホグワーツに行く設定となっており、”Island of Adventure”内のハリーポッター区画(ホグワーツ)へと繋がっています。列車内も映像効果を使ってストーリーを再現しており、まるで映画の世界へ入り込んだような気持ちになります。

<映画ハリーポッターの世界:9 1/2からホグワーツ”Island of Adventure”へ移動>

<映画ハリーポッターの世界:”Island of Adventure”内>

比較的限られた敷地内で、3D映像を駆使したアトラクションが多く、映画世界の再現や舞台の作り込みの完成度が非常に高く、大人もはしゃいで楽しめるものばかりでした。ミニオンズ、トランスフォーマー、ハリーポッター、スパイダーマンなど、計12のアトラクションを堪能しました。

【3日目】Walton フロリダ視察ツアー(2018/4/15 – 21)