実践ライフデザイン入門講座では、資産と負債の考え方について、考察します。

日経ビジネスに表題の記事が掲載されていたのでシェアします。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/021800009/021900002/?P=1&ST=smart

ドイツ人から見ると日本の住宅制度は、非常に違和感があるようです。

中古住宅が、新築よりも高値で取引される海外市場。ドイツでは住宅は金融商品と捉えているようです。資産の概念の違いから、環境を便利にしていく考え方や対策は様々。勉強になります。

日本の”もったいない”文化を金融・経済分野にも拡げていきたいものです。