運のいい人とは「いい言葉にめぐりあえる人」です。
人にめぐりあえるのと同じくらい
「いい言葉」にめぐりあえることは大切です。
「いい言葉」こそが運なのです。
「いい言葉」には、言霊(ことだま)があります。

どんなに素晴らしいことを考えていても、
それが言葉にならないと不完全燃焼で終ってしまいます。
もやもやした思いを、ことばにした瞬間に、
言葉は、言霊となります。
人が、言葉を発するのではありません。
言霊が、あなた自身を、生み出すのです。

中谷彰宏(作家)




皆さん、お陰様です。
オリンパス社がデジタルカメラを中心とする
映像事業を投資ファンドに売却すると発表しました。
中学2年生の時に”オリンパスOM1一眼レフカメラ”が欲しくて欲しくて、
新聞配達までして手に入れたものです。
当時はフィルムの値段が高かったのに、花や動物を撮りに行ったり、友人とキャンプに出掛けたり、どこへ行く時も携帯していました。

今はもう使えなくなりましたが、私の思い出と共に今でも捨てずに持っています。私の宝物です。
2日後の新聞に「オリンパスの構造改革が進むとの期待から、25日の株式市場ではオリンパス株に買いが入り、株価は一時10%高となった。」と掲載がありました。頑張れオリンパス。


さて、6月25日「未来ビジネス研究部」の視察勉強会として、(株)吉村 焼津工場のベンチマークを現地視察とオンラインのハイブリッドで開催しました。
まるの会の若手会員(50歳未満)を中心に学びました。
社長の講演や、社員のプレゼン、ワークショップ、そして社内見学をさせて頂きました。私は、オンラインで参加しました。
ベンチマークの和訳を調べると”優良企業の優れた手法を分析・学習し、自社に取り入れる”という意味だそうです。


パソコン越しに拝見していましたが、(株)吉村はまさしくベンチマークに値する企業だと感じました。
オンライン構成の仕上がりにも驚かされました。
橋本社長の経営理念に沿った経営、従業員のモチベーションの高さ、社内の仕組み、モノをつくる時のこだわり、取引先のお茶屋さんへの販売促進の企画と、何をとっても学ぶべきものが多くありました。

私は、特に経営理念のつくり方、従業員への浸透方法、
現場での理念実現について、印象的な学びと気付きを頂きました。
このメールでは伝えきれないので詳細は、まるの会ブログにて活動報告をご覧ください。
<まるの会ブログはこちら> http://urx3.nu/TkcR

私がここで伝えたいことは、経営は「守破離」だということです。

事業内容は違っても、成功するための価値基準は一緒だと。その優れたる経営ノウハウを惜しげもなく公開して頂ける会社を、次回もベンチマークさせて頂きます。
(次回は、広島県の八天堂を訪問視察します。)
<お申し込みはこちら> http://ur2.link/ilZw

この素晴らしい機会をお見逃しなく、皆様に掴んで頂きたいと願っています。
未来ビジネス研究部は日本の将来を担う50歳未満の経営者を対象にしています。
30、40歳代の時期に優良企業の経営ノウハウを学んで頂く為の企画です。

成長する、頑張る、前進する、やるぞ、
と強い意志を持った仲間ができます。
そこから新たなコラボレーションが生まれる可能性もあります。

皆さんと共に、豊かな日本をつくり上げたいです。
頑張りましょう!

一般社団法人まるの会
代表理事 一條好男