受け継ぐものは基本、だからこそ変化できるのです。
歌舞伎がその時代に適応した形を取れてきたのは、
本質のみを忠実に伝承してきたからだと思います。

 中村吉衛門(歌舞伎役者)



皆さん、お陰様です。
お盆はいかがお過ごしでしたか?
私は、先祖と遠祖のお墓参りのために福島へ行ってきました。

実家にもどこにも寄らずに、とんぼ返りで行ってきました。

そんな中、今回初めて前職の会計事務所のN所長の墓参りにも行ってきました。生前に報恩ができなかった、との想いがあったので。
高校時代の担任と、バレー部の顧問の先生にもご挨拶行く予定を立てていたのですが、残念ながら、コロナでキャンセルとなってしまいました。

早く気兼ねなく人に会えるようになって欲しいと切に願います。

さて、恩師であるN所長に教えられた言葉に
「守破離(しゅはり)」があります。

新人時代の私は、生意気で、上司の言うことを聞かず、勝手に仕事を進めるタイプの人間でした。(今でもその性格は持ち合わせています。)

ある日、自分の意見が通らなければ会社を辞める覚悟で、背広の内ポケットに辞表を入れて、上司に楯突いたことがありました。そして、意見が通らなかったため、辞表を出し、その時は会社を辞めてしまったのです。

しかし、それから気持ちがすっきりしないまま仕事も探さずに、ふらふらと2ヶ月を過ごした頃、N所長から呼び出しがありました。

そして、「辞めることはいつでもできる。今は学ぶ時期、”守”の時期だ。」と教えて頂きました。

それが「守破離」でした。

猛反省した後に、復職をさせて頂き、気持ちを改め、素直な心で学び直すことができるようになりました。あの時に教えて頂いた教訓を、今でも忘れることはありません。

ウィキペディアでは、「守破離」を次のように説明しています。

”守破離は、日本の茶道や武道などの芸道・芸術

における師弟関係のあり方の一つであり、それらの

修業における過程を示したもの。

<中略>

個人のスキルを表すため、茶道、武道、芸術等、

あるいはスポーツや仕事等々において様々な成長の

プロセスに用いることが出来、以下のように当てはめる

ことができる。

・守:支援のもとに作業を遂行できる(半人前)。

    ~自律的に作業を遂行できる(1人前)。

・破:作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)。

・離:新たな知識(技術)を開発できる(創造者)。”

「守破離」の姿勢は、仕事で物事を実行するために最も大切な基本姿勢であると、独立をした後にも思い知らされました。

今でもそんな思いがあり、恩師のお墓参りに足を向けさせて頂いたように思います。感謝しても返せないので、次の世代にしっかりと報恩していきたいです。

一般社団法人まるの会代表理事 一條好男