開催日2020-11-26
時間16:00~17:30
定員30 人
料金下記参照
申し込み期間2020-11-25

詳細

会社の出口戦略3回シリーズ最終回のご案内です。

最終回のテーマは、「上場、売却(M&A)」です。
・M&A
以前であれば、M&Aは敵対的買収と言われる言葉のように少々敬遠されがちでありましたが、現在は親族内承継の数を上回るほどの件数となりました。
また海外で行われるM&Aと違い、日本で行われるM&Aは日本的文化の要素があります。
実際に売る側を経験された方で、
「会社を売った、買ったという感覚ではなく一緒に会社の出口を考えてもらえる仲間が増えた。」
という言葉が出てくるほどです。

・上場
会社の出口に上場を考える会社は少数派で、当初から選択肢の中に入れない方が多くいるかもしれません。しかしながら、「売上高10億円規模でも上場できる、しかも東証にて。」と聞いたらいかがでしょうか。
東証における上場の本当の意味は、東京証券取引所の’場’に‘上’がること。
今回のセミナーにて、貴社の出口戦略に「上場」を加えることが、可能となるかもしれません。
 これら2つの手法に関して株の価額は、対象が相対での第三者や不特定多数の第三者となるため、会計・税務の領域を超えた価額での’相場’となります。これまで縛られていた税法の考え方から超越していくこととなり、より多くのキャッシュを得る可能性へと広がるのです。

今回は現在進行している上場支援案件とM&Aでの売り側、またM&Aに関しては買う側の事例と留意点等、LONG AGE税理士法人のクライアント事例を交えながら紹介させていただきます。

講師

LONG AGE税理士法人 代表社員 松下英司

プロフィール

熊本県熊本市出身の公認会計士、税理士。
平成21年に公認会計士試験に合格後、KPMG 有限責任あずさ監査法人に就職。当該法人においては大手上場企業の会計監査とIPO、企業再生関連の業務に従事。平成25年に熊本市の松下欣司税理士事務所に入所後、税理士の父とともに、他士業との連携を深め、医療・社会福祉関係も含めた企業再生、事業承継、相続対策のサポートにて地元企業に寄与。令和2年にLONG AGE税理士法人の代表社員に就任。

お申し込みは終了しました。

お申込みに関するご注意

・空席、満席は表示されません。お申込み状況についてはお電話でお問合わせください
(TEL.03-5908-9000)

・定員に達し次第、受付終了となります。お早めにお申込みください。