開催日2021-02-19
時間17:00~18:30
定員30 人
料金3000円(税込)
申し込み期間2021-02-18

詳細

前トランプ政権の国策では、アメリカの連邦法人税を21%に引き下げました。2017年には、中国も基本法人税を25%に引き下げました。世界中で法人税の引き下げが潮流となっている背景には、優良企業の海外流出防止があります。タックスヘイブンを活用した租税回避によって増幅した内部留保(現金資産)を、開発費用や、優秀な人材に投入していくことは、グローバルな企業競争力が高まる中で、企業戦略のいち手段となりつつあります。こうした動きの中で、各国は自国での税徴収ができず、自国企業の海外移転を防ぐために法人税の引き下げに動いているのです。日本においても法人税の減税に動くと予想されます。最高所得税率45%の日本で、法人活用なしでの資産形成は困難と言えるでしょう。税制を理解し、資産運用をデザインしていく手法を学びます。
今回は、まるの会最強顧問団の一人;国税OBの税理士 荻野岳雄先生を講師にお迎えして、プライベートカンパニーを活用した資産形成についてお話し頂きます。

1. 所得税と法人税の違い
2. 所得の分散(家族への役員報酬の支払い)+ 給与所得控除
3. 最も有利な税率;退職金の活用
4. 相続税対策;不動産取得で純資産マイナス・事業承継税制活用
5. 法人所有の社用車、社宅活用
6. 長期的な資産運用と資産承継

講師

税理士法人JNEXT 代表税理士 荻野 岳雄

プロフィール

昭和58年4月から昭和61年3月まで、国税庁関東信越国税局に勤め、その後昭和61年8月に税理士登録をし、三菱商事顧問、サミーデザイン代表取締役、秀工電子(改サミーシステムズ)代表取締役など50社以上の役員を歴任。企業の再建・成長を支援・実践する。また、12社の上場にも携わり、企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。平成17年3月より、あすかホールディングス代表取締役に就任。現在、兼任で税理士法人JNEXTの代表も務める。

お申し込みは終了しました。

お申込みに関するご注意

・空席、満席は表示されません。お申込み状況についてはお電話でお問合わせください
(TEL.03-5908-9000)

・定員に達し次第、受付終了となります。お早めにお申込みください。