開催日2021-03-17
時間17:00-19:10
定員20 人
料金税込3,000円(◯の会会員からの紹介が必要です)
申し込み期間2021-03-16

詳細

100年に1度と言われる国難に直面したコロナ禍で、2020年度の3次補正予算は175兆円超えとなりました。
大型の財政出動は、今後日本の財政、経済にどのように影響していくのか。
一方、人生100年時代となり、長生きのリスクが叫ばれる中、税金や社会保障、及び年金などの経済的な不安は増していくばかりです。
私達は、この長い人生をどのように設計していけばいいのか。
改めて、私達が生活する現在の日本の財政状況や、経済の歴史を振り返り、経済面から将来を考察していく講座です。


Ⅰ 日本の財政と世界情勢から将来を予測
 ① 日本国の財政と世界情勢を正しく知る
 ② お金持ちと貧乏人のパラダイムの違い
 ③ 日本人が将来の経済面の基盤を作るパラダイムとは 

Ⅱ 経済面の基盤は「財産の三分法」
 ① 国内外での資産保全・運用を知る
 ② 具体的な事例を紹介
 ③ 人生100年時代の年金を現役時代に自分でつくる

Ⅲ 人生6分野の充実
 ① 人生100年時代を物心共に豊かに歩むには
 ② “まるの会”の役割と活動
 ③ 質疑応答 

講師

一般社団法人まるの会 代表理事 一條 好男

プロフィール

1960年3月16日、福島県いわき市生まれ。1983年3月 立正大学経済学部卒。大学卒業後、会計事務所・コンサル会社に就職し、FP(ファイナンシャルプランニング)、事業承継、相続対策等の仕事に従事。2006年11月 『物心共に豊かな人生を歩む』をテーマとした「◯の会」(まるのかい)という会員制組織を立ち上げる。2014年5月 一般社団法人 ◯の会を設立し、代表理事に就任。東京和僑会の発起人メンバーであり、現在、理事を務める。”まるの会”は顧客の「物心ともに豊かな人生を歩む」お手伝いをすることを使命とします。

お申し込みは終了しました。

お申込みに関するご注意

・空席、満席は表示されません。お申込み状況についてはお電話でお問合わせください
(TEL.03-5908-9000)

・定員に達し次第、受付終了となります。お早めにお申込みください。