「上場、売却(M&A)」を考えている経営者の為の勉強会【オンライン4/12(火)】

開催情報

開催日2022-04-12
時間16:00~17:30

定員
30名
WEBセミナー(ウェビナー形式)
※お顔・お名前を出さずに参加いただけます。
料金3,000円(税込)
申し込み期間2022-04-11

セミナー情報

まるの会会員の皆様

日ましに春めいてくるこのごろ、会員の皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今回は”「上場、売却(M&A)」を考えている経営者の為の勉強会”を開催させていただきます。
会社経営をする上での出口として大別すると3つあり、
1.後継者に承継する。
2.上場する。
3.会社を売却(M&A)する。
今回の勉強会は2.上場する。3.会社を売却(M&A)にフォーカスした勉強会です。

M&A
以前であれば、M&Aは敵対的買収と言われる言葉のように少々敬遠されがちでありましたが、現在は親族内承継の数を上回るほどの件数となりました。また海外で行われるM&Aと違い、日本で行われるM&Aは日本的文化の要素があります。実際に売る側を経験された方で、「会社を売った、買ったという感覚ではなく一緒に会社の出口を考えてもらえる仲間が増えた。」という言葉が出てくるほどです。

上場
会社の出口に上場を考える会社は少数派で、当初から選択肢の中に入れない方が多くいるかもしれません。しかしながら、「売上高10億円規模でも上場できる、しかも東証にて。」と聞いたらいかがでしょうか。東証における上場の本当の意味は、東京証券取引所の’場’に’上’がること。今回のセミナーにて、貴社の出口戦略に「上場」を加えることが、可能となるかもしれません。

これら2つの手法に関して株の価額は、対象が相対で第三者や不特定多数の第三者となるため、会計・税務の領域を超えた価額での’相場’となります。

これまで縛られていた税法の考え方から超越していくこととなり、より多くのキャッシュを得る可能性へと広がるのです。

今回は現在進行している上場支援案件とM&Aでの売り側、またM&Aに関しては買う側の事例と留意点等、LONG AGE税理士法人のクライアント事例を交えながら紹介させていただきます。

講師紹介

松下 英司 氏(LONG AGE税理士法人 代表社員)

お申込みに関するご注意
・空席、満席は表示されません。お申込み状況についてはお電話でお問合わせください
(TEL.03-5908-9000)
・定員に達し次第、受付終了となります。お早めにお申込みください。

関連記事

TOP
TOP